最近何かと話題の健康食品。その中でも人気の出ている
「にんにく卵黄」や「フコイダン」それぞれに関連する様々な
情報をご紹介しています!

リンクについて

当サイト「にんにくDEスタミナチャージ」はリンクフリーとなっております。
ご自由にリンクをお貼り下さい。

バナーが必要な方は以下のバナーをお使い下さい。

リンクフリー

にんにくの豆知識

にんにくには、自分の細胞内に分解酵素アリイナーゼという物質を潜状させることによって、他の動物などからやたらと食べられないようにしています。

動物がにんにくを食べたりしたら、その臭いや辛い味によって食べる気を起こさせないようにしているのです。

この分解酵素アリイナーゼという物質こそ、あの強烈なにんにくの臭いのもとなのです。

にんにく卵黄DEスタミナチャージ!!

フコイダンの効果

フコイダンの「効果・効能」に関わる記述は薬事法によって禁止されています。また、ホームページ上に「効果・効能」を表記することも健康増進法によって禁止されています。具体的な使用方法・用量の説明についても、医薬品と誤解されているため表示することが禁じられています。

フコイダンは一般的な食品の範囲と同じ目的しか持たすことしか出来ません。医薬品とは違い、病気の治療・予防を目的とするものではありません。フコイダンを病気の治療や予防に役立つ事を説明したり、表示や広告を行った場合は、全て「医薬品」として判断されます。

フコイダンは高分子

フコイダンとは、そもそも高分子多糖類です。低分子化すると厳密にはフコイダンではなくなってしまいます。高分子とは、多数の原子が共有結合してできる分子のことです。

俗に巨大分子とも呼ばれる。一般的には原子の数が千個程度以上、あるいは分子量が 1万程度以上で高分子とみなされます。

高分子は、低分子とは違う特徴的な性質をもち、特に固体や溶液の力学的、熱力学的特性は低分子は大きく違ってきます。高分子は重合体(ポリマー)とほぼ同義でありますが、一般的に単量体が10以上連なった(10量体、ないし重合度が10以上)または分子量が1000以上のものをポリマーと呼びそれ以下のものはオリゴマーと呼ぶのが一般的となっています。

注意!

低分子や超低分子化したフコイダンが吸収に優れているという臨床実験や公式の分析がないのに 「どんなによい栄養分をとっても、吸収されないと意味がないのです。他のサプリメント類を選ぶ際も、基準にしていただきたいのは、その『吸収性』です。」と記載して高額で販売している商品は考え物です。

フコイダンの定義

褐藻類のフコイダンは、フコース、キシロース、ガラクトース(褐藻によってはマンンースも含む)等とウロン酸、硫酸で構成されています。フコイダンは未だ明確な定義づけがなされておらず、通常は「フコイダン」や「フコイダン様多糖体」と称されています。

メーカでは主要構成糖がL・フコースで、硫酸基含量が13%以上であればその生理活性に問題視するほどの差異が認められなかったこと、また下記表に示すようにその殆どがフコイダン及びフコイダン様多糖体であることから、これらを含めたものを「フコイダン」と称しています。

 

フコイダンの故郷

フコイダンの故郷は、オセアニアのポリネシアに属すトンガ王国( Kingdom of Tonga )です。位置的には、サモアの南、フィジーの東にあたり、約170の島群からなる島国です。面積が697ku、人口およそ10万人で、首都は、ヌクアロファです。

トンガへはラピタ人が最初の植民者といわれ、今より6,000年前に船で入ってきたとされています。トンガは、ポリネシアの文化の発祥地とされ、一番古い遺跡として認められています。トンガは日本に対して親日的であり、大相撲にトンガ出身の力士が入門したこともあるようです

注目サイト

Last update:2016/7/8