最近何かと話題の健康食品。その中でも人気の出ている
「にんにく卵黄」や「フコイダン」それぞれに関連する様々な
情報をご紹介しています!

リンクについて

当サイト「にんにくDEスタミナチャージ」はリンクフリーとなっております。
ご自由にリンクをお貼り下さい。

バナーが必要な方は以下のバナーをお使い下さい。

リンクフリー

にんにくの豆知識

にんにくには、自分の細胞内に分解酵素アリイナーゼという物質を潜状させることによって、他の動物などからやたらと食べられないようにしています。

動物がにんにくを食べたりしたら、その臭いや辛い味によって食べる気を起こさせないようにしているのです。

この分解酵素アリイナーゼという物質こそ、あの強烈なにんにくの臭いのもとなのです。

にんにく卵黄DEスタミナチャージ!!

にんにく卵黄とは?

にんにく卵黄は、よんでの通り「卵黄」と「にんにく」の合体したもので、錠剤やカプセル剤などサプリメント製品として販売されているものが多いです。卵黄とにんにくとを練り合わせて煮詰められたり、卵黄油ににんにくエキスを加えるなどの製法で作られています。

にんにく卵黄の長所は「卵黄」の栄養素と、これまで見てきた「にんにく」のそれぞれのメリットを、一度に摂取できる手軽さにあるのはもちろんのことです。

必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質のタンパク質を持つ卵、中でも卵黄の部分には、カルシウム、鉄、ビタミンA・Dなどのミネラルが豊富に含まれています。さらに、卵黄に含まれる「レシチン」は、人間の細胞の細胞膜の主成分であり、特に脳や肝臓の細胞膜に大量に含まれています。そのため、レシチンの摂取は、細胞を若々しく保つのに、貢献すると言われています。

なお、卵によるコレステロールの摂取については、卵黄のコレステロールが卵白に比べ多いものの、卵黄中の「レシチン」にコレステロールを低下させる働きがあることが分かっていて、一日1.2個程度の卵の摂取は問題ないとされています。

また、卵黄とにんにくの合体によって、卵黄に含まれる「中性脂肪」がにんにくの「アリシン」と結合し、ビタミンEと同等の効能を有する「脂質アリシン」に変化します。この「脂質アリシン」が、同じく卵黄に含まれる「レシチン」の働きをいっそう活性化させ、悪玉コレステロールの分解を促すとされています。


にんにくの適切な摂取量と摂り方

にんにくは成分が強いことから、とりわけ消化器系が弱い人は、その食べ過ぎに注意が必要です。生のにんにくは胃腸を強く刺激する作用があることからも、とりすぎには注意し、一日に1片程度の摂取にしておくといいでしょう。また、空腹時に単独で摂取することも避けるようにしましょう。

酒や酢につけたにんにくなら、もう少し摂取量を増やしても大丈夫ですが、それでも多くて一日3、4片程度にしておくのがいいでしょう。特に小さな子供には大量に食べさせることは控えましょう。また、女性の場合は、妊娠中や授乳中はたくさん摂ることを控えたほうがいいでしょう。

量を多く摂りすぎないようにするには、すりおろしたにんにくを「薬味」として、他の食品と一緒に摂取するのもいいでしょう。また、臭いが気になる人は「サプリメント」の利用を考えてみるのもいいでしょう。にんにくのみならず、黒にんにく・にんにく卵黄等のサプリメントが、粉末・液体カプセル・錠剤と様々なかたちで販売されています。

こだわりのにんにく卵黄製法

にんにくと卵黄を丹念に練り合わせ、弱火で長時間炒り上げると、香ばしい風味の黄金色の粉が出来上がります。これこそが、語り伝えられた「にんにく卵黄」の本来の姿です。

少しでも火加減が強すぎたり、炒りの時間が長すぎたり、かき混ぜる手を休めると、鍋の中はすぐに焦げてしまい、風味が台無しになってしまいます。だからといって、火が弱すぎたり、炒りが短いと生臭さが残り、美味しい粉には仕上がらなくなってしまいます。

程よい炒り加減の製品を作り出すには、熟練した職人の手作業が、今も不可欠となっています。

2016/6/6 更新