最近何かと話題の健康食品。その中でも人気の出ている
「にんにく卵黄」や「フコイダン」それぞれに関連する様々な
情報をご紹介しています!

リンクについて

当サイト「にんにくDEスタミナチャージ」はリンクフリーとなっております。
ご自由にリンクをお貼り下さい。

バナーが必要な方は以下のバナーをお使い下さい。

リンクフリー

にんにくの豆知識

にんにくには、自分の細胞内に分解酵素アリイナーゼという物質を潜状させることによって、他の動物などからやたらと食べられないようにしています。

動物がにんにくを食べたりしたら、その臭いや辛い味によって食べる気を起こさせないようにしているのです。

この分解酵素アリイナーゼという物質こそ、あの強烈なにんにくの臭いのもとなのです。

にんにく卵黄DEスタミナチャージ!!

にんにくの薬効

当ページではにんにくの薬効について簡潔にご紹介していきます。

【PR】

疲労回復効果

疲労回復ビタミンと言われるビタミンB1は、糖質を分解してエネルギーに変える時に必要な栄養素で、これが不足すると糖質の代謝がスムーズに行なわれないため、疲れやだるさを感じるようになってしまいます。

ビタミンB1は元々水溶性で直ぐに尿から排泄されてなくなりますが、ニンニクの香りの成分のアリシンがビタミンB1結合すると活性持続型ビタミンのアリチアミンになります。アリチアミンは体内でアノイリナーゼ菌による破壊を受けないので、ビタミンB1の吸収は格段に高まります。

その他にも、脂溶性に代わって排泄されにくくなり、B1単独の場合に比べて疲労回復に一層の効果を発揮するのです。その他、ニンニクにはアドレナリン分泌を促して交感神経を刺激する作用もあり強壮作用も示します。

殺菌作用

ニンニクの香りの成分アリシンそのものはニンニクの中には存在せずに、ニンニクを刻んだり摺り下ろしたりすると生成されます。つまり、ニンニク中の香りの前駆物質・含硫アミノ酸、すなわちアリイン、メチイン、イソアリインは、包丁を入れると、香りの成分アリシンに瞬時に変わっていきます。

ニンニク細胞が破壊されて、これらの含硫アミノ酸がニンニク中の酵素アリイナーゼと接触して瞬時にアリシンに変化します。このアリシンは非常に不安定のもので、時間が経ったり加熱すると、安定型である別のイオウ化合物に変化していきます。ニンニクの薬効はアリシンだけでなく、安定で揮発性を示すこれらのイオウ化合物によるものであることが最近判明されたようです。

アリシンやそのイオウ化合物は、糸状菌や大腸菌などの殺菌作用や菌の出す毒素の中和作用を示します。最近では、消化性潰瘍や胃がんの原因菌ともなるヘリコバススター・ピロリを抑制するとも報告されているようです。

血栓予防効果

ニンニクの血栓予防効果は1970年代に報告され始め、アリシン、アホエン、ジメチルトリスルフィド、ジチインなどの硫黄化合物が血栓を予防することが確認されているようです。

動脈血栓を防ぐには血小板凝集能を抑制し、静脈血栓を防ぐには血液凝固能を抑制し、線溶能を亢進させることが必須となっています。ニンニクのこれらの硫黄化合物は、血小板凝集能抑制効果、血液凝固能抑制効果、線溶能亢進効果の何れをも発揮すると報告されているようです。

動脈硬化予防

アリシンとアホエンは中性脂肪を低下させたり血中LDLを低下させると報告されています。また、コレステロールの吸収を抑え、胆汁中への排泄を促進することで、コレステロールを低下させるとも考えられています。

高血圧の場合、アリシン、アリルスルフィド、アリインは血管平滑筋を弛緩させ、血管を拡張させて降圧させることが報告されています。

また、スコルジニンは毛細血管を拡張し、血行を改善して高血圧を予防してくれます。このようにニンニクは動脈硬化を抑えて脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患の予防に効果があり、期待出来ます。

ガン予防

活性酸素を抑制することによって動脈硬化はもとよりガンが予防されることは今やよく知られているところですが、ニンニクの活性酸素抑制能は特に強力です。ニンニク多く含まれている硫黄化合物やアリキシン、テルペン、セレンなどがガンを予防してくれます。

ちなみに、10年ほど前にアメリカと中国が共同で行なった疫学調査では、ニンニクを年間1.5kg (1日約5g≒ニンニク1カケ)食べている人は、殆ど食べない人と比べ、胃ガンの発生率が半分にも抑えられたようです。